忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

このサイトは、井坂京子さんの 吃音改善プログラム の情報を公開しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



どもりをそのままにしておくと、
日常生活が苦痛となり、悩みが多くなります。


吃音(きつおん)どもりは自宅での簡単なトレーニングで
改善できます。

好きな時に、好きな場所でできるトレーニングです。

どもりを改善して、
ストレスのない生活を送りませんか?

万が一効果がない場合には
全額返金保証があります。

詳細はこちら ↓ ↓
吃音改善プログラム  「吃音、どもりを自宅で簡単に改善するプログラム」


PR



子どものどもりの原因は、
精神的ストレスから来るものとされています。

だから、ストレスを取り除く必要があります。

では、子どものストレスとは…
何がストレスになっているのでしょうか。

やはり、一番大きなストレスの要因は、
家庭環境にあると思います。

例えば、両親が大変教育熱心(過ぎて)
で躾も大変厳しいとします。
 

そうなると、子どもは家の中でも
極度の緊張状態を強いられてきます。

両親と会話をするたびに
「また、怒られないだろうか」と精神的圧迫を感じ、
益々ストレスが増大していきます。

そして、いつのまにか家の中で話す時、
どもりになってしまう…
このような場合が多々あるのも事実です。

現に、家ではどもり、外では普通に
会話ができる子どもが、
本当に多く見受けられるそうです。


しかし、このような家庭環境の問題は、
両親が優しく諭すような雰囲気に転じれば、
子どものストレスは徐々に
治まっていき、どもりも治ってきます。

(気付くのが遅ければ、どもりが癖になってしまう
可能性があるので、注意してください。)

この不景気の中、
両親もストレスが溜まっていると思います。

しかし、子どもが抱え込んでしまったストレスを
取り除いていくことは、自分たちのストレスも
取り除いていくことに繋がっていきます。


小さなお子さんをお持ちのご両親、
普段の子どもの表情を良く見てあげてください。
 



「どもり」は幼児期(3~4歳)に一番多く発症します。

しかし、「どもり」を引き起こす原因は、
いまだはっきりとは解明されていません。

その中において、2つの説がいつも議論されています。

1つは母親の育て方の問題です(機能的疾患)。
 

「少しどもっていた子どもを強く叱りつけた」
「左利きを無理やり右利きに変えさせた」
「引っ越しなどの環境の変化」…
このような状態が、子どもに強いストレスを与え
「どもり」を発症させると唱えるものです。

もう1つは遺伝の問題です。

家系に「どもり」がいた場合、
発症する確率も高いという調査結果によるものです。

少しどもりかけた子どもをみて、
余計に敏感に接することによって、
子どもに「どもり」を自覚させてしまうという説もあるほどです。

「母親の育て方」「遺伝」…
どちらにせよ双方とも、
明確な因果関係はわかっていないのが現状です。
 


多くの方が吃音で悩んでおります。

高額な治療院に通ったり、

自宅で根気のいるトレーニングをしています。

それにも関らずに悩んでいます。

あなたはどもりに悩む必要はありませんよ。

吃音改善プログラムを紹介します。

どもりは自分で改善できます。

多くの方は間違った改善方法を行ったり、

あまり効果のない高額な
吃音治療を行っているのが実情です。


どもりは1日9分の簡単なトレーニングで
2カ月で改善できます。

トレーニングに時間や場所の制限はありません。

年齢も関係ありません。

どもりが治ったという喜びの声がたくさん寄せられています。


このプログラムには効果がなければ、

全額返金の保証もあります。

詳細はこちら