忍者ブログ
2017.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

このサイトは、井坂京子さんの 吃音改善プログラム の情報を公開しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大勢の前で話したりすると、
興奮と緊張で赤面したり口が
うまく回らなかったりすることがあると思います。

このような状態は「どもり」ではありません。

何故なら、普通の会話は
流暢に話すことが出来るからです。

「どもり」とは、同じ言葉や音を何度も繰り返したり、
1つの言葉が流暢に出なかったりする状態をいいます
(吃音(きつおん)ともいいます)。

「どもり」の乳児を発症する割合は、
1%前後と言われています。

国域・言語・風習などにまったく関係なく、
今昔、この発症率は変わっていません。

しかし、「どもり」による男女差は歴然としています。

男性の「どもり」発症率は、
女性の3倍以上と言われています(第一子に多い)。

3~4歳(幼児期)に発症する場合がほとんどですが、
稀に大人になってから発症するケースもあります。

いろいろ「どもり」については原因究明されていますが、
いまだ明確な治療方法(原因)はわかっていません。

現在、日本人の出生は約100万人です。

100万人の赤ちゃんのうち
1万人が「どもり」を発症するわけです。

私はこの多さに改めて驚愕させられています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.5No.4No.3No.2No.1